日々是〆〆吟味

自分で考えていくための参考となるお話や本の紹介を目指しています。一番悩んだのは10歳過ぎだったので、可能な限りお子さんでもわかるように優しく書いていきたいですね。

リースマン(米 1909-2002) 本【著作(翻訳)リスト一覧/リンク(Amazon)】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

デイビッド・リースマン(Riesman, David)

 

リースマン著作リンク一覧

 

孤独なる群衆(佐々木徹郎, 鈴木幸寿, 谷田部文吉 共訳. みすず書房, 1955 / 孤独な群衆 加藤秀俊 訳. みすず書房, 1964 → 改訂版  上 20132013 )

個人主義の再検討(上 佐藤毅, 滝沢海南子 訳. パトリア書店, 1959 / 上 国弘正雄, 牧野宏 共訳. ぺりかん社, 1970 下 牧野宏, 大井孝 共訳. ぺりかん社, 1974)

大学教育論 : 教育社会学への試み(新堀通也, 片岡徳雄, 森楙 訳. みすず書房, 1961)

現代文明と人間性(松本重治 編. 朝日新聞社, 1962)

何のための豊かさ(加藤秀俊 訳. みすず書房, 1968)

政治について(永井陽之助 訳. みすず書房, 1968)

群衆の顔 : 個人における性格と政治の研究 (サイマル双書 国弘正雄, 久能昭 訳. サイマル出版会, 1968)

現代文明論(松本重治 編. みすず書房, 1969)

大学革命 : 変革の未来像 (サイマル双書 デイビッド・リースマン, クリストファー・ジェンクス 著, 国弘正雄 訳. サイマル出版会, 1969)

日本日記(デイヴィッド・リースマン, イーヴリン・リースマン 著, 加藤秀俊, 鶴見良行 訳. みすず書房, 1969)

大学の実験 : 学問とマス教育(D.リースマン, J.ガスフィルード, Z.ガムソン 著, 荒木泰子 訳. みすず書房, 1973)

二十世紀と私 (中公新書 永井陽之助 訳. 中央公論社, 1982)

高等教育論 : 学生消費者主義時代の大学( 喜多村和之 [ほか]訳. 玉川大学出版部, 1986)

 

注:『現代文明論』は著者が日本滞在中 (1961年9月29日-12月2日) に行なった講演、座談会、討論会、対談を翻訳、編集したもの“”とNDCに記載あり。『現代文明と人間性』や『日本日記』の違いは不明。

 

リースマン著作一覧

 

孤独な群衆
個人主義の再検討 
大学教育論 
現代文明と人間性
何のための豊かさ
政治について
群衆の顔 
現代文明論
大学革命
日本日記
大学の実験
二十世紀と私
高等教育論 

 

Wikipedia

ja.wikipedia.org