日々是〆〆吟味

自分で考えていくための参考となるお話や本の紹介を目指しています。一番悩んだのは10歳過ぎだったので、可能な限りお子さんでもわかるように優しく書いていきたいですね。

オストロヴイチャノフ(露 1892-1969)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オストロヴイチャノフ(Ostrovitianov, Konstantin)

 

オストロヴィチャノフ著作リンク一覧

 

プロレタリア経済学 (「マルクス主義の旗の下に」文庫 ラピダス 共著, 入江武一 訳. 白揚社, 昭和5)

マルクス主義地代論入門( 平館利雄 訳. 叢文閣, 昭和6)

「資本論」解説 : マルクス主義経済学の教科書 上(ラピドウス共著, 橋本弘毅 訳. 白揚社, 昭和8)

社会構成論(アー・ゲー・プリゴジン共著, 永住道雄 訳. 叢文閣, 昭和10)

マルクス主義経済学教程 (ラピドス共著 橋本弘毅 訳 白揚社, 1933-1938 第1 増補 生産・価値・貨幣 : 資本の生産過程 第2 資本・労賃・利潤 第3 信用・地代・恐慌 第4 独占資本=帝国主義 附篇特殊景気論 イ-・カシャ-ルスキ‐著)

新経済学入門 上巻(ラビドス共著, 橋本弘毅 訳. 慶応書房, 昭和12)

マルクス経済学入門(ラピドス共著, 橋本弘毅 訳. 岩崎書店, 昭和21 第2分冊 第2篇 商品 第3分冊 第3篇 貨幣 第4分冊 剰餘價値と資本)

 

注1:『マルクス主義経済学教程』はAmazonには1-4と1巻のみある。NDLには1巻の記載はなく、別個に『「マルクス主義経済学」教程』があり、増補版も別個にある。また1-4の記載もある。よくわからない。

注2:『マルクス経済学入門』はNDLにも1巻はなく、Amazonでは2-4でのみ載っている。

注3:『「資本論」解説 : マルクス主義経済学の教科書』『新経済学入門』の下巻はNDLで出てこなかった。よくわからない。

 
オストロヴィチャノフ著作一覧

 

プロレタリア経済学 (「マルクス主義の旗の下に」文庫
マルクス主義地代論入門
「マルクス主義経済学」教程
「資本論」解説 : マルクス主義経済学の教科書 
社会構成論
マルクス主義経済学教程
新経済学入門 

PVアクセスランキング にほんブログ村