日々是〆〆吟味 

自分で考えていくための参考となるお話や本の紹介を目指しています。一番悩んだのは10歳過ぎだったので、可能な限りお子さんでもわかるように優しく書いていきたいですね。

精神

からっぽなものは現実に役立つ? 〜移行対象としてのキャラクターやフィクション【ウィニコット】

現実の中のからっぽさの効用 現実とからっぽさ 【フロイト著作集3 文化・芸術論】 現実を耐える代わりのもの 【大塚英志『サブカルチャー文学論』】 移行対象と不安と現実 【ウィニコット『遊ぶことと現実』】 【ピーナッツ選集】 【瀬田貞二『幼い子の文学…

わかってくれるのは、からっぽだから? 〜キャラクターと人間とからっぽさと自我の投影

キャラクターと人間とからっぽさと自我の投影 具体性と人間 【ハイデガー『存在と時間』/サルトル『存在と無』】 不滅としてのキャラクター 【小池一夫『キャラクターはこう動かす』/長谷川町子『サザエさん』/臼井義人『クレヨンしんちゃん』】 人間からキ…

あの人みたいになりたい、とっても素敵! 〜複雑な現代社会と自我代替システム

複雑な現代社会と自我代替システム 複雑な現代社会 自我の代替者としてのスターやフィクション フロイトとフィクション 【フロイト著作集3『文化・芸術論』】 【小林秀雄『初期文芸論集』】 何者でもない者が、何者かであるように見せ、何者かになる 作家/ス…

自分探しでカリスマ(暗示者)を求めてるのが群衆状態? 〜自分探しと自我の喪失

人間の成長と近代/未開社会の成長の境界線と自我の探求と自分探し 人間の成長と自我の確立 【ウィトゲンシュタイン全集『哲学探求』】 未開社会の成長と通過儀礼 【ヘネップ『通過儀礼』】 近代社会と通過儀礼の喪失 〜成長の境界線の行方 【江藤淳『成熟と…

我を失う/作るっていうのは似てること? 〜自我形成と群衆状況の自我喪失

自我の形成と群衆における自我喪失 フロイトの群衆と自我 【フロイト『自我論集』】 【ル・ボン『群衆心理』】 自我の形成と人間の精神 【ヘーゲル『精神現象学』】 思春期と自我の確立 新しい自我モデルの対象者の必要性 【ドストエフスキー『罪と罰』】 自…