日々是〆〆吟味

自分で考えていくための参考となるお話や本の紹介を目指しています。一番悩んだのは10歳過ぎだったので、可能な限りお子さんでもわかるように優しく書いていきたいですね。

2020.1.4週間【アクセス数激減】

2020.1.4週目 アクセス数激減 毎日と空けて書くの差 2020.1.4週目 今週も振り返ってみたいと思います。 アクセス数激減 週二回の更新に変えてからというもの、すっかりとアクセス数が落ちました。何も書いていない日は50くらいで、書いた日が100くらいです。…

大衆と未開人の関係性 〜オルテガ曰く、大衆とは文明社会の中の未開人

文明社会における大衆と未開人 文明社会の中の大衆人 【ヘーゲル『世界史の哲学講義』】 大衆は文明社会の原始人? 【オルテガ『大衆の反逆』】 未開人の特徴と大衆の特徴 【レヴィ・ブリュル『未開社会の思惟』】 前回のお話 頂点の時代によって生み出され…

頂点の時代によって生み出される大衆 〜強大な力と戸惑い

大衆の生まれた頂点の時代 頂点の時代と不安 【オルテガ『大衆の反逆』】 強大な力とその制御 近代社会と合理性 【プラトン『国家』】 【オーウェル『一九八四年』】 前回のお話 大衆と連なる科学者(専門家)の苦悩と皮肉 〜19世紀までの認識 - 日々是〆〆吟…

2020.1.3週目【記事スタイルの変更,凸凹アクセス数】

2020.1.3週目 記事スタイルの変更 凸凹アクセス数 言及,検索,投稿,Twitter 先週の報告 2020.1.2週目【意外と安定しているアクセス数,検索/Twitter状況】 - 日々是〆〆吟味 2020.1.3週目 今週も振り返ってみたいと思います。 記事スタイルの変更 今週の途中か…

大衆と連なる科学者(専門家)の苦悩と皮肉 〜19世紀までの認識

科学者(専門家)の苦悩と皮肉 ミミズの頭と専門家 【ニーチェ『ツァラトストラかく語りき』】 生涯を賭けた結果と、他の可能性 【小林秀雄初期文芸論集】 【ヘーゲル『精神現象学』】 科学者自身の自己認識 【エンゲルス『反デューリング論』】 【オルテガ『…

大衆と専門家 〜専門家は非専門領域のおいても専門家的態度をとり、大衆の典型と化す

大衆と専門家 【オルテガ『大衆の反逆』】 専門家と訓練 専門家の非専門領域での大衆的態度 逸脱した態度を避ける術 【吉本隆明,糸井重里『悪人正機』】 大衆と選ばれる者 前回のお話 大衆と慢心しきったおぼっちゃんと地方のお殿様と政治 〜世襲と慢心 - 日…

大衆と慢心しきったおぼっちゃんと地方のお殿様と政治 〜世襲と慢心

慢心しきったおぼっちゃんとしての大衆と、地方のお殿様としての政治家 お殿様としての現代政治家 〜柄谷行人の意見 おぼっちゃんとお殿様と政治 〜慢心はあるかないか 気になったら読んで欲しい本 柄谷行人『政治と思想』 ミヘルス『政党政治の社会学』 オ…

2020.1.2週目【意外と安定しているアクセス数,検索/Twitter状況】

2020.1.2週目 意外と安定しているアクセス数 検索状況 Twitter状況 先週の報告 2020.1.1週目【増えるアクセス数,掲載要因考察,更新頻度の変更,Twitter始める】 - 日々是〆〆吟味 2020.1.2週目 今週も振り返ってみたいと思います。 意外と安定しているアクセ…

大衆と幼児的支配 〜あたかも子供が支配しているようだ、ということらしい

大衆と幼児的支配 子供らしい特徴としての大衆 大人であっても子供らしい特徴のままの大衆 幼児支配的な大衆支配 気になったら読んで欲しい本 オルテガ『大衆の反逆』 次回/前回の内容 次回の内容 大衆と慢心しきったおぼっちゃんと地方のお殿様と政治 〜世…

大衆が持つ、目の前の世界/社会を当たり前とみなす享受的態度 〜世界/社会の維持に労力を払わない

当たり前の世界/社会と、食い尽くす大衆 当たり前のものとしての世界/社会 不断の努力による建設と維持 目に見えない社会の背景と、享受するだけの大衆 気になったら読んで欲しい本 オルテガ『大衆の反逆』 次回/前回の内容 次回の内容 大衆と幼児的支配 〜…

大衆に選ばれる者=指導者 〜私たち、という理由で選ばれる自らに多くを課さない指導者

大衆と選ばれる者 選ばれた少数者 〜貴族・エリート 私たち、という大衆 自らに自閉する大衆の思想 選ばれた大衆人 〜自らに多くを課さない指導者 気になったら読んで欲しい本 オルテガ『大衆の反逆』 カント『純粋理性批判』 ニュートン『プリンキピア』 吉…

2020.1.1週目【増えるアクセス数,掲載要因考察,更新頻度の変更,Twitter始める】

2020.1.1週目 増えるアクセス数 掲載要因考察 更新頻度の変更 Twitter始めてみる 先週/来週の報告 来週の報告 2020.1.2週目【意外と安定しているアクセス数,検索/Twitter状況】 - 日々是〆〆吟味 先週の報告 2019.12.5週目【回復してきたアクセス数,検索流入…

大衆と対置される、少数者が自らに課す義務と要求 〜人目につく表現者と見えぬ人々

表現者における少数者と大衆の対比例 知らない世界と偉い人 熟知した世界と偉い人 偉い人の持つ明確な高水準と自らへの要求 目につかぬ世界で重要な席に座っている人の可能性 少数者と大衆の関係 気になったら読んで欲しい本 オルテガ『大衆の反逆』 次回/前…

世に満ちた大衆と埋没される少数者 〜オルテガ『大衆の反逆』話始め

大衆という問題のはじまり 近代的現象としてのアノミーと大衆 〜都市への大移動の結果 オルテガの『大衆の反逆』 大衆という問題 〜自らに責務を持たない大勢の人々 気になったら読んで欲しい本 オルテガ『大衆の反逆』 デュルケーム『自殺論』 次回/前回の…

近代社会の歴史的帰結としてのアノミー 〜これが我々の生きる世界?

アノミーと現代社会 転校や転勤・異動という社会的変化 日常的に起こりえるアノミー? 歴史的変遷の帰結としての近代社会とアノミー 気になったら読んで欲しい本 デュルケーム『自殺論』 作田啓一『価値の社会学』 次回/前回の内容 次回の内容 大衆の満ちた…

アノミーとデュルケームの『自殺論』 〜変化、孤立、混乱、無規範…

アノミーとはなんだろう 社会学の建設者 デュルケーム 自殺の統計分析『自殺論』 アノミー型自殺とその要因 アノミーへの対策 気になったら読んで欲しい本 デュルケーム『自殺論』 デュルケーム『社会分業論』 次回/前回の内容 次回の内容 アノミーと近代社…

都市の変化とアノミー 〜メディアも街も、絶え間なく変わっていく….

都市の変化とアノミー 集合表象とアノミー 変化し続けるメディア環境 変化し姿を変えていく街(=都市) 気になったら読んで欲しい本 パーク『実験室としての都市』 パーク他『都市』 マクルーハン『グーテンベルクの銀河系』 マクルーハン『メディア論』 マク…

2019.12.5週目【回復してきたアクセス数,検索流入の現状】

2019.12.5週目 回復してきたアクセス数 検索流入の状況 来週/先週の報告 来週の報告 2020.1.1週目【増えるアクセス数,掲載要因考察,更新頻度の変更,Twitter始める】 - 日々是〆〆吟味 先週の報告 2019.12.4週目【マリオが走るみたいなグラフ…即ち落ちるアク…

祝福の乳

祝福の乳 祝福の乳 前回の詩 隙間があいた - 日々是〆〆吟味 年の瀬の 語りし祭典 湧きし乳 母の忘れし 好み探りて 連呼し 叫び 反転すれば 突き刺す言葉 コーンフレーク 前回の詩 隙間があいた - 日々是〆〆吟味

テクノロジーとメディアの発展による、集合表象の変化とアノミー 〜都市の大衆は間断なき集合表象の変化にさらされている?

メディアの発展と集合表象の変化 都市的大衆のアノミー化 交通と通信の、テクノロジーの発展 必要なものと化す、遠い地の情報 圧倒的な情報量と間断なき変化 メディアによる集合表象の安定と変動 〜共同体と都市の集合表象の在り方 気になったら読んで欲しい…

都市と大衆とメディアと集合表象 〜大衆社会の問題の前置き

都市と大衆と集合表象とメディア 都市定住の大衆 集合表象の不一致としてのアノミー 〜共同体から都市へ 集合表象とメディア 共通する社会のメカニズム 気になったら読んで欲しい本 デュルケーム『宗教生活の原初形態』 デュルケーム『自殺論』 マクルーハン…

大衆と人間の精神と社会 〜フロイトとデュルケームから考えてみる大衆

大衆と人間の精神と社会 近代的現象としての大衆 人間の精神と社会 フロイトやデュルケームから考えててみる大衆 気になったら読んで欲しい本 フロイト『精神分析学入門』 デュルケーム『宗教生活の原初形態』 デュルケーム『分類の未開形態』 デュルケーム…

大衆と庶民の違い 〜共同体をひくか、根無し草の都市民か、の普通の人々

大衆と庶民 普通の人々と特別な人々 一定した生活様式としての庶民 歴史的現象としての大衆 気になったら読んで欲しい本 『柳田國男全集』 『吉本隆明全集』 オルテガ『大衆の反逆』 次回/前回の内容 次回の内容 大衆と人間の精神と社会 〜フロイトとデュル…

田舎から都市への近代的大移動と価値観の変化 〜引き剥がされる生まれ故郷の価値観

田舎/共同体から都市/社会への移動と価値観の変化 生まれ持った環境の価値観と人間の精神 生まれ故郷の価値観と、新しい都市の価値観 引き剥がされる生得環境的価値観 気になったら読んで欲しい本 ウィリアムズ『田舎と都市』 フロイト『精神分析学入門』 ロ…

2019.12.4週目【マリオが走るみたいなグラフ…即ち落ちるアクセス数】

2019.12.4週目 落ちるアクセス数 挙動 来週/先週の報告 来週の報告 2019.12.5週目【回復してきたアクセス数,検索流入の現状】 - 日々是〆〆吟味 先週の報告 2019.3週目【覚めぬ創文社廃業の衝撃,古書店の現状】 - 日々是〆〆吟味 2019.12.4週目 今週も振り返…

ヒルファディング(墺 1877-1941) 本【著作(翻訳)リスト一覧/リンク(Amazon)】

ルドルフ・ヒルファディング(Hilferding, Rudolf) ヒルファディング著作リンク一覧 ヒルファディング著作一覧 Wikipedia ルドルフ・ヒルファディング(Hilferding, Rudolf) ヒルファディング著作リンク一覧 金融資本論(林要 訳. 弘文堂書房 第1分冊 大正15 第…

近代的大移動、田舎から都市へ 〜もしくは自由と犯罪

近代的大移動と近代社会 民族大移動とヨーロッパの誕生 生産様式の変化と田舎から都市への大移動 〜世界中で共同体から社会に変わる 自由と欲望と犯罪 気になったら読んで欲しい本 デュルケーム『社会学講義』 デュルケーム『社会分業論』 ヘーゲル『歴史哲…

人々の移動と近代化 〜土地から生産へと変わり、共同体から社会に変わった

近代化と人の大移動 歴史の推移と思想の誕生 人々の移動という大変化 気になったら読んで欲しい本 新睦人他『社会学のあゆみ』(1,2,新) 次回/前回の内容 次回の内容 近代的大移動、田舎から都市へ 〜もしくは自由と犯罪 - 日々是〆〆吟味 前回の内容 指導者…

指導者の影で周囲を操ろうとする者 〜『無限のリヴァイアス』に見るゴバンザメ権力者の姿 

『無限のリヴァイアス』における末端的権力使用者の例 事件の発端と推移 代表者と参謀の権力 気になったら触れて欲しい作品/本 『無限のリヴァイアス』 ヴェルヌ『十五少年漂流記』 ゴールディン『蝿の王』 有賀弘,阿部斉,斎藤真『政治』 次回/前回の内容 次…

権力の腐敗と末端的所属者の権力行使 〜権力者にぶら下がる小物、という権力腐敗の構図

権力への所属と末端的腐敗の原因 自己拡張としての所属 権力による自己拡張 代理的権力の行使という名目の、自己利益のための権力行使 〜すなわち権力の腐敗 権力の刷新 気になったら読んで欲しい本 『三国志』(漫画,演義,正史) マキャヴェリ『君主論』 カウ…